アニメ『銀河英雄伝説』『新釈 眞田十勇士』『鬼神童子ZENKI』などのプロデューサー田原正利(正聖)の制作日記

田原正利のプロデューサー日記

訃報 | main | 舞台『銀河英雄伝説』キャスト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
Blu-rayの作業が終了
今日(日をまたいでしまったので厳密には昨日になるが)『銀河英雄伝説』Blu-rayの立会い作業が終わった。
まぁ、作業自体は続くのだが、こちらが立ち会うマスタリングの作業が終わったと言うこと。
何やかやで1年ぐらい付き合っていたことになる。仕事としては割が良い作業ではなかったので、ボランティアのようなものだが、まぁ「責任上」ということだし、Blu-rayとHD化というものについては、お陰で大分勉強できた。

従来のDVD版が、Blu-ray版で「高画質」になるかに誤解している人もいるようで、期待はずれだと「クソ画質」など書き込んでいるサイトも見たが、根本的に理解不足だ。

SDのものをHD化するというのは、大雑把な言い方をすれば画面の上下の走査線が480本のものを1080本にすることと言っても良い。およそ倍。2本に1本しかないものを上下の平均値を取って1本を作り出し、上から101010101………と並んでいるものを111111111………と隙間を埋めていくこと、と言っても良いか。
厳密にはこの「1」にそれぞれの情報が乗っているから単純ではない。
例えば「赤0赤0赤0青0青0黄0黄………」を「赤赤赤赤赤紫青青青緑黄黄黄………」と埋めていくとことだと言えば多少想像が付くだろうか?
これにどういう意味があるかと言えば、HD対応の大画面テレビなどで見れば、走査線に「隙間」ができるのを「埋めた」絵を見ることができると言うことだ。「隙間」がある画よりは「滑らか」で「きれい」な画だという「考え方」だ。
アニメと言うのは本来は「ベタ絵」………一定のエリアを同じ色で塗り潰した「絵」なので、このSD→HDに馴染み易い。「赤0赤0赤………」を「赤赤赤赤赤………」にしたら単に隙間が埋められるだけなので確かに単純に「高画質」になる。
問題は隣り合う情報が異なる場合で、「赤0青」を「赤紫青」にしたら、結果的に中間が滲んだりボケたりしているように見える場合がある。「隙間」は埋めれているのだが、印象として滲んだりしているように見えてしまえば「高画質」になったようには見えない場合もある。その辺が「考え方」と言った次第だ。
また、情報としての「1」が「2」になるわけではない。「101010101………」が「111111111………」となっても「22222………」になる訳ではないから元の「画」より「キレイ」になるわけではない。それが冒頭に書いたBlu-ray版で「高画質」になるかに誤解している人もいるということで、「高画質」が「1が2になる」ことだと思っている人には期待はずれということになるのなのだろう。

まぁ、とにかく大画面で見れば「差」は分かると思う。印象として走査線の「隙間」のないBlu-rayが良いか、パキッとした印象だが良く見ると走査線に隙間があるDVDが良いか………。
小さな画面で見るなら区別は付かないかも知れない。その意味で、各自の視聴環境と、「画」の好みによるものだ。
だから、DVDよりBlu-rayの方が「良いものだ」とは言わない。前にも書いたが、どうも日本人はカタログ・スペックに惑わされているところがある。DVDを持っている人がBlu-rayに買い換えるなどと言うのはお薦めしない。そこまでの差異はない。だが、これから『銀河英雄伝説』を買おうと言う人には(まぁ今後のことを考えるなら)Blu-rayをお薦めする。そういうことだ。

そもそも『銀河英雄伝説』は、もともと劇場アニメと同じ35㎜フィルムを原版としている分、当時のTVアニメの主流だった16㎜フィルム原版の作品よりも元々「高画質」なのだ。DVD化の際に再テレシネと一部のデジタル化を図り、可能な限りキレイな状態にしてある。SDがHDになったからと言って飛躍的に「高画質化」するものではない。
まぁ、その辺の「差」を確認してもらう意味で、特典として劇場版のHDテレシネバージョンも同梱しているのだが。原版からHDテレシネしたものと、今回のSDをHDにアップコンバートしたものと、見比べて差異は感じられただろうか? 或いはどちらが「好み」だっただろうか?

※因みにだが、現在の新作アニメの殆どが「HD制作」ということになっているが、実態はSDで制作してHDにアップコンバートしているものが多いのも事実だ。先にも書いたが、実写に比べてアニメは「ベタ絵」なので、差が出にくいのだ。









スポンサーサイト
| 未分類 | 01:31 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://mtahara.blog75.fc2.com/tb.php/63-79d52831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

Author:プロデューサーT
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。