アニメ『銀河英雄伝説』『新釈 眞田十勇士』『鬼神童子ZENKI』などのプロデューサー田原正利(正聖)の制作日記

田原正利のプロデューサー日記

ホームページのリニューアル | main | 更新さぼっていました
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
急げ未来へ! 古都に輝く五茫星
この話のネタは、大文字の送り火が空海によって始められたという説にある。「大」の字が、実は巨大な五茫星だったという「大ボラ」をやりたかった。
そういう「大ボラ」を吹けるネタを見つけた時というのは、こういう「お話」を作る人間には無常の喜びなのだ。
『銀河英雄伝説』の「要塞対要塞」の「引力の干渉による流体金属の『引き潮』」などもそうした「大ボラ」の代表例だが、『鬼神童子ZENKI』では、これなど代表的な「大ボラ」になる筈だった。
シナリオ段階では、スタッフ間ではそれで盛り上がったのだが、できてきた作品はその辺の意図が全然生きていなくて非常にガッカリした記憶がある。大勢のスタッフが関わり、ある程度システマチックに作っていかなくてはならないTVアニメでは、なかなかそういうツボが各話のスタッフにまで浸透できないで、歯がゆい思いをすることがある。この話はそうした後悔が残っている代表的な例だ。
スポンサーサイト
| 未分類 | 21:28 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://mtahara.blog75.fc2.com/tb.php/29-9aaa2ba8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

プロデューサーT

Author:プロデューサーT
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。