アニメ『銀河英雄伝説』『新釈 眞田十勇士』『鬼神童子ZENKI』などのプロデューサー田原正利(正聖)の制作日記

田原正利のプロデューサー日記

ゴミ取りはほどほどに | main | 名前を戻す
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
予約締め切り
何かバタバタしていてブログの更新もしないまま、あっという間に7月が終わってしまった。

[お知らせ]
『鬼神童子ZENKI』DVD-BOXの予約受付は基本的に終了します。SHOPも一旦閉じます。ただ、事務処理の関係で今週中はそのままで、SHOPで「在庫有り」になっている間は申し込みは受け付けます。

………と、いうのも土壇場になって「いつまでに申し込めばいいですか?」とか「次回の予約はいつですか?」とかの問い合わせが舞い込んでいるからという側面もある。どうも7月いっぱいの予約限定生産だということがユーザーにちゃんと理解されていないらしい。

先日も仕事関係の人とそういう話になったのだが、最近のユーザーは予約限定とか信じていないのだという。特に一般発売のDVDは予約を小売店経由で入れる場合が多い。つまりメーカーはユーザーではなく小売店から予約を受ける。その際、小売店は実際のユーザーからの予約より多めに注文を出すケースが多い。小売店とすれば発売日の後の注文にも応えられるように多少の店頭在庫を持っても売れると見込むわけだし、予約特典なども「店のサービス」に使えるという訳だ。秋葉原などの大規模小売店はこの傾向が強い。そうなるとユーザーから見れば「予約限定と言ったって、どうせ○○電器へ行けば売ってるよ」となる。
これがネットショッピングになるとその傾向が強くなる。更にAMAZONなどでディスカウントが当たり前になっているので、そっちで買えば良いや、ということになる。

今回の『鬼神童子ZENKI』などの、直販による通信販売の場合は間に小売店やネット販売会社を咬ませる訳ではないので事情が違うのだが、どうもそれがユーザーには理解してもらえていないようだ。客観的に見れば無理もないし、ちゃんと理解してもらえるようにできなかったのはこちらの失敗だ。

再申し込みの受付も含めて、ちょっと対策を考えてもう一度販売体制を作り直さなくてはいけない。
スポンサーサイト
| 未分類 | 12:09 | トラックバック:0コメント:1
コメント
今日このHPに気付き予約受付終了の文字を見て残念だなと思ってしまいました。
お気に入りに入れてちょくちょく拝見しますのでまた販売して下さい。
2007.08.12 Sun 22:34 | URL | ZENKIファン
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://mtahara.blog75.fc2.com/tb.php/26-bf53bcde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

Author:プロデューサーT
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。