アニメ『銀河英雄伝説』『新釈 眞田十勇士』『鬼神童子ZENKI』などのプロデューサー田原正利(正聖)の制作日記

田原正利のプロデューサー日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
『銀河英雄伝説』公式?ホームページ
『銀河英雄伝説』の公式携帯サイトがOPENして、そっちの「監修」もやっているので、時々「相談」を持ち込まれる。例えばクイズの答えが違うのではないかとユーザーから指摘を受けたとか、だ。
正直、事実関係に間違いが無いかとか、用語が合っているかとかは確認しているが、回答の選択肢や正解がどれかなどはクイズの作成者に任せている。持ち込まれるのは「原作にこう書いてあるが」とかが多い。もともと原作とアニメとは設定が違う点とかもあり、今回は内容をアニメに限定してやるはずだったのに、原作などに拠ったクイズがあったりして、そういうことは訊かれても守備範囲外だって。

今日、更にストーリィ紹介の間違いをユーザーから指摘されたと言ってきて、ストーリィ紹介は徳間書店がやっている「公式ホームページ」の記事によるものだが………とのこと。だが、その「公式ホームページ」なるものには当方は全くタッチしていないからこれは責任が持てない。今回のロマンアルバムの「杜撰」さを鑑みるに、おそらく他にも間違いやらは多いのではないかと思われるが。

そう思ってちょっと覗いてみたら、まず不思議なのは書籍の紹介に原作小説が掲載されていない。原作は徳間書店から創元文庫に移ったし、このサイトは徳間書店の宣伝活動でやっているのだから他社の商品を載せる謂れは無い、ということなのだろうか。
しかしアニメしか知らない人が初めてこの「公式」サイトを見たら、原作は道原さんのコミック版だと思うか、或いはアニメがオリジナルでコミカライズされたと思うかだろう。かろうじて「バックステージ」のページで原作が小説であることは書かれているが、出版物紹介に載っていないと言うことは絶版になっていると思われてもしょうがない。
これがその作品の「公式ホームページ」の姿勢だろうか? あくまで徳間書店の『銀河英雄伝説』のホームページであって、商業的な意味合いで自社の宣伝しかしませんというなら、作品にとってのオフィシャルなホームページであるかのように標榜するのはやめて欲しい。まして内容にミスがあれば、当然今回のようにトラブルの元になる。

………と言うわけで、「公式」ホームページの記事も信用できない、ということだ。じゃあ何を信用したらいいんだ、と言われるかも知れないが、所詮インターネットなんてそんなものだ。誰でも発信できるから、そこに溢れている情報は玉石混交、人の噂話レベルのものに過ぎない、ということ。それは肝に銘じたほうがいい。
まぁ普通は「公式ホームページ」というのはもっと責任のある人が、内容を精査して公表してもいいかどうかを判断して公開するものだから、もう少し信用度が高いものだけど。
スポンサーサイト
| 未分類 | 10:58 | トラックバック:0コメント:2
| ホーム |

プロフィール

Author:プロデューサーT
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。